支援と登山

こんにちは!西岡です!

昨日の休みに毎年恒例の大阪府山岳連盟よる「チャレンジ・ダイトレ」に参加してきました!

去年は初級ゴールだったので今年は頑張って中級ゴールを目指しました!スタート地点の当麻寺からゴール地点の金剛山までまでの距離だけでも21km!下山も併せて一日の総歩行距離はなんと31kmでした!

私は登山を含めアウトドアが大好きなのですが、登山の楽しさって実際やった事のない人からすると「何が楽しいのか分からない」とか「しんどいだけやん!」とかよく言われたりします。実際めっちゃしんどいですよ、そりゃぁ。でもまた行きたくなるのは山頂からの景色がサイコーだからなのです!

それと私は登山を人生や色んな事に例えて考える事も多いです。

例えば障がい者「支援」。ここステラ守口でも多くの方の支援をさせて頂いてます。でも、「支援」はあくまで「支援」。どの山に登るか決めるのは利用者さんです!じゃあその山にどうやったら登れるか、ルートを教えてあげたり等何かとお手伝いするのが「支援者」です。

でもいざ登ぼり始めるともちろん休憩が必要だったり、時には道に迷って引き戻す事や寄り道もあるしつまづいて転ぶ事もある。急に雨が降ったり突風が吹いたりなど不可抗力によって邪魔される事もある。でも諦めずに頂上を共に目指す!

そんな「支援」を支援者として常に心掛けているわけです!

 

 

 

2018年04月09日